カテゴリー: report

カテゴリー: report

ルワンダの乾季
Image 2021年7月4日 report fromsoiltocup

ルワンダは6月から乾季を迎えています。 日本人の我々には馴染みがないですが、乾季は全く雨が降りません。街も断水気味になります。 そして雨季より若干寒い気がします。 ルワンダは1年に2回ずつ乾季と雨季があります。 それぞれ

Details
ギシャンブ・アカベレの収穫状況
Image 2021年6月24日 report fromsoiltocup

当団体が支援しているギシャンブ Akabere組合の畑でも今年は残念ながら収穫量が昨年より大きく減少している見込みです。 組合員と話しているのはやはり剪定・肥料の不足。 支援を開始してから葉の欠乏症は減ってきましたが、隔

Details
2021年のルワンダの収穫状況について
Image 2021年6月18日 report fromsoiltocup

今年のルワンダ南部(フイエ・ニャマガベ)は近年稀にみる不作になりそうです。 ウォッシングステーション(コーヒーチェリーをパーチメントまで加工する工場)同士でのチェリーの買取競争が起き、最終的にはチェリー買取価格は600r

Details
チェリー買い取り競争が激化
Image 2021年6月9日 report fromsoiltocup

ルワンダでは天候不順がコーヒーチェリーの収量に影響しており、開花→結実のプロセスが乱れているようです。 今まさに収穫時期なのですが、今年は多くの木で季節外れの開花が見られます。 これらが実になっても完熟しなかったり、そも

Details
今年ルワンダ南部は不作です
2021年5月22日 report fromsoiltocup

今年のルワンダ南部は天候不順の影響でかつてない不作です。 一部のエリアでは雹が降り、コーヒー生産に大きな被害が出ました。 日本でも雹が降ると果樹などに被害を与えますが、コーヒーは強い雹が降ると大ダメージなのです。 雹の被

Details
お弁当を届けに
Image 2021年5月16日 report fromsoiltocup

NPOのパートナー、フイエマウンテンコーヒーはコーヒーシーズン真っ盛り。 ウォッシングステーションで働くお母さんに昼ごはんを持ってきたおちびちゃん。大人ばかりの中で佇んでいます。マネージャーのエマヌエルも声をかけます。誰

Details
ルワンダでは収穫が始まりました!
Image 2021年4月9日 report fromsoiltocup

コロナの影響下では2シーズン目となりますが、コーヒーは農家の家計にとっても国の輸出産業としても重要なので、引き続き感染対策をしたうえで生産が続けられていきます。 ◎写真はシーズン直前の整備中のウォッシングステーションです

Details
ルワンダ人はコーヒーを飲むのか
Image 2021年3月30日 report fromsoiltocup

ルワンダのコーヒー農家さんはコーヒーを飲むのか? 実はあまりコーヒーを飲まないのです。コーヒーはあくまでも換金作物、農家さんはふだんお茶を飲むことが多いです。 そんな農家さんとの印象的なコーヒーエピソードをふたつ。 【死

Details
コーヒーと土とNPK
Image 2021年3月20日 report fromsoiltocup

今回はコーヒーノキを育てるうえで重要な栄養分である窒素(N)・リン酸(P)・カリウム(K)のおはなし。この3つは人間でいうとタンパク質・脂質・糖分といったところでとても大事な栄養分です。ルワンダのコーヒーと土とNPKの関

Details
ルワンダ自転車事情
Image 2021年3月6日 report fromsoiltocup

自転車はルワンダ農家にとって欠かせない乗り物。ルワンダには電車は走っておらず、バス代も農家にとっては安くはないので、いつも乗るわけにはいきません。そんな時には自転車が移動手段、運搬手段、時には《自転車タクシー》にもなりま

Details
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial